フライパンをフル活用しています

私は調理時間の短縮と光熱費の節約のために、フライパンをフル活用しています。

時短1
フライパンは底の面積が広い分、すぐに加熱することができます。

 

また炒めものだけではなく、茹でたり、煮たりする時にも便利です。
特に炒めものは同時に数種類の物を調理できます。

 

そのため、お弁当のおかず作りの時短にも繋がっています。
私は今まで魚の加熱には魚焼きや鍋を使っていました。

 

しかし、フライパンの方が面積は広いので、1匹ものの魚も過熱しやすいことがわかりました。
魚焼きで焼くよりも、フライパン加熱の方が早く調理することができます。

 

また、揚げ物もたくさんあげない時はフライパンの方が早くできます。

時短2
フライパンに油を少し引くだけで、揚げ焼きのような感じで仕上がります。

 

衣に吸う油の量が少なくて済むのでヘルシーです。
冷凍ものの揚げ物や焼き物なども、レンジで加熱してからフライパン加熱をすることによって、かなりの時間短縮になりました。

 

以前はレンジで解凍するだけで5分以上かかっていました。
さらに魚焼きや油で揚げるなどの処理をすると、10分以上かかってしまいます。

 

特に揚げ物は油の量が多いと、それだけ油の温度が上がるまでに時間がかかってしまいます。

これは時間もかかりますし、光熱費もかかってしまいます。

 

レンジで解凍から温め機能に変えたことで、5分以上かかっていたものが2〜3分でできるようになりました。
さらにフライパン加熱ではすぐに加熱できるので、最初の数分加熱するだけで、後は蓋をして余熱調理にしています。

 

揚げものだと火災の危険性もたかまるので、ずっと状態を見ていないといけません。
しかし、フライパン調理であれば余熱の段階で火を止めるので、その場を離れることができます。

 

野菜などを茹でる時も多少長くても茹でやすいのが便利です。
麺類も長いので茹でやすいです。

 

今後はさらに時短と節約のためにも、もっと便利にフライパンを使っていきたいと思っています。

今日はギリギリまで寝ていたい!手抜きだけどきちんと感のある時短お仕事メイク術

私は寝起きが悪く、朝はぎりぎりまでお布団の中に入っておきたいタイプです。
疲れている時は、メイクをするのが面倒になりますが、職場にノーメークで行くわけにはいきません。

 

いつものメイクは、ベースメイクは下地、ファンデーション、フェイスパウダー、ハイライトの4ステップ。

ポイントメイクに使っているのが、アイブロウ、アイシャドウ、マスカラ、アイライナー、チーク、リップ。
時短3
ナチュラルなメイクを心がけていますが、かなりのアイテムを使っていますよね。
ベースメイクに8分、ポイントメイクに10分くらいかかってしまい、忙しい朝はこんなに時間をかけられません。
お疲れ気味で手抜きをしたい時は、時短テクニック駆使!3分で仕上げています。

 

時短メイクといっても、大人なのできちんと感は必須です。

完璧でなくても、そこそこきれいに仕上げる必要があります。
きちんと感のある時短メイクのポイントは、全部のステップを手抜きするのではなく、きちんとメイクする部分と手を抜く部分を分けることです。
これは人によって異なると思います。
眉は顔の印象を左右するから絶対に手を抜けない人も多いでしょうが、私の場合、前髪があるのでアイブロウは手を抜く部分。
肌がきれいではないので、ベースメイクはそれなりにきちんと行うようにしています。
ここだけはちゃんとしたい!という部分を決めておくと、手を抜く部分が自然と見えてきますよ。

 

時短メイクでは、ベースメイクにはBBクリームを使用しています。

塗る時は両手に広げ、ポンポンと叩くように塗ります。
肌のアラが気になる部分は重ね付けします。
雑に塗ると筋ができるので、塗った後にきれいなスポンジで軽く伸ばすのがポイント。
この上にパウダーを塗ってテカりを抑えます。きちんとメイクにはマストアイテムです。
ベースメイクは約1分で終了です。
時短4

ポイントメイクは、チークとマスカラがポイントです。

パウダーチークは大き目なブラシでさっとひとはけ。
これで顔色が明るくなります。

 

アイメイクはマスカラだけ使用します。

まつ毛が濃く上向きに上がっていると目元の印象がしっかりするので、アイシャドウなしでも誤魔化せます。
アイラインは失敗したら時間がかかるので、これも省略。

 

アイブロウは眉尻を描くだけで終了。前髪で誤魔化します。

唇は色付きリップをさっと塗るだけ。
ポイントメイクは約2分。
20分近くかかっていたメイクが3分で終了です。オールインワンジェル・ゲルなどの化粧品もかなり時短テクの王道アイテムなのでオススメです!
一回使ったらやめれない・・・という人まででています 参考に オールインワンジェル・ゲルのおすすめ

2017/07/20 21:35:20 |
仕事をしつつ、小学生ママをしています。仕事が終わると、買い物をして帰宅し、子どもの習い事の送り迎え、洗濯、食事の準備、宿題の丸つけ・・・と時間はいくらあっても足りません。育ち盛りの我が子、夕食はちゃんとしたものを食べさせたい、でも凝ったものを作っている暇はない、でも手抜きの美味しくないメニューは売れ残るし・・・。そんな時は、お豆腐ハンバーグをよく作ります。野菜もタンパク質も一気に取れるので、副菜を何品も作らなくてもOK(我が家では)サラダを添えて出しちゃいます。時短の方法は、野菜のみじん切りをしないで、ブレンダー(フードプロセッサーでも)を使っちゃうことと、豆腐はレンジでチン!で水切りしちゃう...
2017/07/20 21:33:20 |
照明のスイッチ・階段の手すり・テレビ台など家の中にはホコリが溜まる箇所が多くあります。特に家電は静電気により多くのホコリを集めるため、数日間拭き取りをサボると指で文字が書けるほど白く積もってしまいます。そのまま放置するとアレルギーの要因にもなるので、毎日掃除するのが理想です。しかし洗濯や食事の支度など、限られた時間の中で優先して行う家事が多くあるため後回しにしていました。後回しにされたホコリを掃除するためには、濡れ雑巾やブラシを使うため数十分の時間がかかります。とくに、梅雨のように湿度の多い季節は、湿気を吸ったホコリが硬くなり取れにくくなってしまいます。窓枠では結露により積もったホコリが濡れて...
2017/07/20 21:33:20 |
何もしないでいると、家の中はごちゃごちゃしてしまいがちになります。かといって、整理片付けをしようとすると多くの時間がかかります。忙しいときにはなかなか手を付けにくいということになるでしょう。そうなると家の中が乱雑になっていくというのは仕方ないこととあきらめがちになりますが、完璧を目指さずおおざっぱにすることで時短をかなえながら最低限の整頓ができるようにしておくという事で乗り切れることも多いです。まず、うっかり貯めてしまいがちな書類などをまとめることから始めてみましょう。なんとなく重ねておいたりすると、必要なものが取り出しにくくなるうえ、崩れてしまうなど問題が多くなります。私はいくつかのクリアフ...
2017/07/20 21:32:20 |
私は、毎日できる限り時間をかけずに夕ご飯を作るように工夫をしてます。特に、私が時短を工夫するのはご飯を水に浸す時間と、米を炊く時間です。ご飯を炊く時間を短くするのは、ただ単に効率だけの問題でなく、私は鍋で米を炊くことが好きなので、長年使用しているアムウェイの鍋でいつも米を炊きます。もちろん鍋はアムウェイのものでなくても、手に入りやすい土鍋などで大丈夫です。鍋で米を炊く場合には直火で炊くので、炊く時間が20分くらいしかかかりません。それから何と言っても炊き上がった米がとても美味しいのです。わざわざ家電メーカーが「土鍋風」に炊けるような炊飯ジャーまで開発してるくらいですから。残ったお米の保存は鍋だ...
2017/07/20 21:32:20 |
私の時短テクニックは料理です。普段の三食のご飯に加え、職場にお弁当を持って行っているので、品数をたくさん作らなければいけません。最近の定番食、時短!お豆腐ハンバーグ出来るだけたくさんのおかずをなるべく時間をかけずに作るには、時短テクニックを取り入れる必要があると思いました。食材を切っただけで出来るメニューなら良いのですが、煮たり蒸したり、焼いたりするメニューは時間を要しますし、毎日仕事が終わるのが遅く、帰宅時間も遅いので、出来るだけ時間をかけずに作りたいと思うようになりました。特にカレーやグラタンなど、火を使い、煮込む時間を要するものに関しては、なるべく電子レンジを使って調理するように心がけま...
2017/07/20 21:31:20 |
私は家事の手間を減らすために、できるだけ無駄な動作を省きたいと思っています。最近、新たな時短テクを見つけて、かなり洗濯の時間が短くなりました。それは洗濯を干す時としまう時のやり方です。以前は洗濯を干す時に、洗濯機から洗濯ものを取り出したものを籠などに入れます。そのあと洗濯干し場へ持って行き、そこで乾いた衣類を取り込んだ後で、洗濯ものを干していました。しかし、毎回この動作が面倒に感じるようになりました。さらに以前は毎日洗濯をしていたので、かなりの手間になっていました。今では洗濯を基本的に3日に1回にしています。自分の洗濯ものの場合は下着類などを入浴時に手洗いするようにしています。洗濯する回数を減...
2017/07/20 21:31:20 | 時短テクニック編
わたしは、兼業主婦であり、小学生の子どもを育てています。毎日のお洗濯、洗濯自体は大好きなのですが、アイロンが嫌い・・・とくにこの暑い時期、アイロンの必要なシワシワ衣類をためにためて、汗だくでアイロン掛けをしていました。アイロンをかける前のもの、という専用の保留バスケットまで設けてためていた私なのですが、ある時、子どもが朝、「お友達と約束したから、今日は絶対にこのツムツムのハンカチを持っていく!」と言い出しました。「いやいや、それ洗濯したてだから無理だよ!」「えー!昨日からちゃんと言っておいたよ!」言った言わないで、朝っぱらから子どもと押し問答。仕方なく、ハンカチにアイロンをかけて持たせることに...
2017/07/20 21:30:20 | 時短テクニック編
男性と違って女性の朝はお化粧&ヘアセットの手間がかかります。夜も、メイク落としにフェイスケア、ボディケア、髪を乾かす時間も男性よりもかかるので大変だったりするんです。日中のメイク直しもそうです。私は、朝少しでも長く寝ていたいし夜も早く寝たいんですがそうする為には工夫が必要でした。朝の時短は、蒸しタオルで拭くだけにして泡洗顔の手間を省いて、オールインワンジェルで化粧水+乳液+美容液の手間を省きました。お化粧もBBクリームとおしろいだけでベースを作りチークをのせるだけの時短メイクに変えました。これだけで朝は10分の時短になったんです。ポイントメイクを省くと顔の印象は変わりますが、それは笑顔をつくる...
2017/07/20 21:30:20 | 時短テクニック編
人生において経験する仕事や課題の多さは膨大です。それこそ覚えられないほど、何千何万のタスクを処理していくことになります。これだけ膨大な数になると、例えばですが、一つの作業につき1秒の時短ができれば、どれだけの自由時間が捻出できるでしょうか。効率の悪い動き方をしていると、人生を楽しむ時間がどんどん減っていってしまいます。人生における時短テクを使うことで自分の時間を増やしていきましょう。まず、仕事や課題についてですが、今まで経験したことのないようなものはどれだけ経験することになると思いますか。入社したての頃などは新しい仕事ばっかりですが、これが3か月も経ってくれば似たような仕事ばかりになってきます...