自分の好きな料理を簡単に楽しく

私の時短テクニックは料理です。普段の三食のご飯に加え、職場にお弁当を持って行っているので、品数をたくさん作らなければいけません。最近の定番食、時短!お豆腐ハンバーグ

 

出来るだけたくさんのおかずをなるべく時間をかけずに作るには、時短テクニックを取り入れる必要があると思いました。

時短16
食材を切っただけで出来るメニューなら良いのですが、煮たり蒸したり、焼いたりするメニューは時間を要しますし、毎日仕事が終わるのが遅く、帰宅時間も遅いので、出来るだけ時間をかけずに作りたいと思うようになりました。

 

特にカレーやグラタンなど、火を使い、煮込む時間を要するものに関しては、なるべく電子レンジを使って調理するように心がけました。

 

カレーに関しては電子レンジを使うと約15分、グラタンに関しては約20分ほど時間短縮になります。 

ガスを使わずに電子レンジのみを使い調理しても、ガスを使ったときと同じように野菜もしっとりと柔らかくなり、中までしっかり火が通るので、とても美味しく安心して頂けます。

 

電子レンジで卵を調理するときは、爆発する可能性があるので、注意が必要なのですが、卵にヒビを入れてから水に浸し電子レンジで温めると、そのような危険性もなく、ゆで卵を作る場合は、10分ほど時間短縮になります。
またパスタを茹でる場合、水に一時間ほど浸しておけば加熱時間も約5分ほど短縮することができます。
また、野菜炒めをする場合、かぼちゃや人参やピーマンは固いため、そのまま炒めると火が通るまで結構な時間を必要とします。
時短15
しかし、あらかじめ電子レンジで温めてから野菜炒めを作ると約5分ほどの短縮になるため、炒めすぎることなく、スムーズに炒めものを作ることが出来ます。
またレンコンは、オリーブオイルと塩、コショウをふってトースターで5分ほど焼けばそのまま頂けるので、野菜炒めなどして調理するより、10分ほど時間短縮になります。