手順を変えるだけ!アイロンかけの簡単時短テク

わたしは、兼業主婦であり、小学生の子どもを育てています。
時短11

毎日のお洗濯、洗濯自体は大好きなのですが、アイロンが嫌い・・・とくにこの暑い時期、アイロンの必要なシワシワ衣類をためにためて、汗だくでアイロン掛けをしていました。

アイロンをかける前のもの、という専用の保留バスケットまで設けてためていた私なのですが、ある時、子どもが朝、「お友達と約束したから、今日は絶対にこのツムツムのハンカチを持っていく!」と言い出しました。

 

「いやいや、それ洗濯したてだから無理だよ!」
「えー!昨日からちゃんと言っておいたよ!」

 

言った言わないで、朝っぱらから子どもと押し問答。
仕方なく、ハンカチにアイロンをかけて持たせることにしました。

 

そして、(まったくもうっ!)とアイロンをかけてみたところ、あれれ?シワがスッキリとなくなる!?、そうなんです、濡れているので、スチームを使わなくても、簡単にするするーっとシワが伸びて綺麗に仕上がるんです!

 

これは!と思い、今まで乾いてからしていたアイロンかけを、洗濯後すぐにするように、手順を変えてみました。

 

私は、洗濯機の上に突っぱり棚をつけてその上にアイロン台を置いて、洗いあがったらすぐアイロンかけ、というふうにしたのですが、これが本当にオススメです。

時短12
洗濯干しの中にアイロンかけをする、とルーティン化してしまったのでストレスもないですし、濡れているのでスチームを当てながらシワが取れたか取れたかと、何度もかけなくても、すーっとシワが取れていきます。
今までたまってから行なっていたために1時間くらいとられていたのに平日なんかは5分もかからないくらいで終わってしまいます。(我が家は二人暮らしなので、各々のハンカチ、私のシャツ、週末に子どものいろいろ、くらいです。)

 

電気代などの面では、デメリットもあるかと思いますが、忙しい毎日の中で、私にとってはそれを補って余りある時短テクとなっています。

関連ページ

仕事や課題は時短で素早く乗り切ろう!
人生において経験する仕事や課題の多さは膨大です。それこそ覚えられないほど、何千何万のタスクを処理していくことになります。
女の時短テクニック
男性と違って女性の朝はお化粧&ヘアセットの手間がかかります。夜も、メイク落としにフェイスケア、ボディケア、髪を乾かす時間も男性よりもかかるので大変だったりするんです。